出る杭は打たれて伸びる!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の一言 No13 会社や組織を超えた人脈作り

<<   作成日時 : 2014/05/26 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人脈を持つことは大切ですよね。でも、実際に社外や自組織以外の人脈を持っている人は少ないのが現実ではないでしょうか。

そこで今回は、どうすれば、そんな外の人脈が持てるようになるかについてお話しをしたいと思います。

■ 損得勘定では人脈は出来ない

よく仕事では『 Win-Winの関係を作れ 』と言われるのですが、私はこの言い方に反対なんです。
だって、これって『 損得勘定で人間関係を作る 』ことになりかねないからです。

確かに損得勘定は大事です。私も経営者の端くれですから、『 銭勘定は大事、仕事は慈善事業ではない 』ということを身に染みて理解しているつもりです。

※ リーマンショックの時、本当に首を括ろうかとまで追い詰められました…。

しかし、だからこそ言いたいです。

売上や利益は結果であって、その基礎となるのは人と人の関係なんだといいうことを。

ですから、『 その人と一緒に仕事をしたい 』という思い。そして、
『 相手が自分の役にたつのではなく、自分が相手の役にたてるかどうか 』
という思いで、お付き合いをするように心がけています。

最初の『 一緒に仕事をしたい 』という思いは、合う合わないといった
非常に人間臭い感情です。10人と知り合いになったら、1人はいます。そんな人が。

しかし、この感情だけは、仕事は出来ませんし、組織を超えた仲間など出来ません。
仕事をしていると、合わない人の方が多いのが現実だと思います。

ですから、2番目の『 相手の役にたてるかどうか 』という視点での
お付き合いが大切だと私は思っています。

相手の役にたてる・・・何か上から目線のように聞こえますが、
決して困っている相手を助けるという意味ではありません。

※ 困っている人を助けるのは、それは慈善事業です

人には人それぞれの役割のようのなものがあって、相手が求めている役割を
自分は果たすことが出来れば、結果として、相手の役にたつ、そういう意味です。

でも、これって結構難しいですよね。人ってとても自分勝手な生き物ですから、

仕事が欲しい、お金が欲しい、褒めて甘やかしてほしい、話相手になってほしい・・・

ぞんなことを相手から求められても、私には、仕事も出せないし、褒められないし、
四六時中話相手になどなれません。

ではどうすれば良いのか、

私の場合は、その相手の思いの奥にある理由を見出して、自分が出来る役割は
何かを考えるようにしています。例えば、

・ 仕事が欲しいのであれば、その人の良さが活きる仕事を見つけることを、
・ お金が欲しいのであれば、その人の価値が活かせる役割を探すことを、
・ 褒めてほしいのであれば、たとえ何の役にも立たなくても、その人にしか出来ないことを探すことを、
・ さらには、話相手になってほしいのであれば、お互いが無理なく会える場を見つけることを、

考えるようにしています。

これが出来れば、上司であれ、部下であれ、関連部署の恐いオジサンであれ、
一緒に仕事をして楽しいという関係が出来るようになります。

※ 結構上司や関連部署の鬼班長は、話し相手を求めているものです。

実はこれって、男女関係と同じなんですよね。

モデルさんのような綺麗な人やカッコいい人が、素敵な相手と巡り合える訳ではありません。
ましてや、私達のような普通の人が、いくら着飾っても、彼氏彼女が出来る訳ではありません。
相手の思いを理解して、自分の役割を果たせる人が、巡り合えるのだと思います。

よく、飲み屋でモテル人は仕事も出来ると言われますが、その通りだと思います。

飲み屋のおねぇちゃんは、よく見ています。
会社や上司や部下の愚痴を言いに来る客に愛想をするのが仕事ですから、
よく見えるんでしょうね。どんな思いでその言葉を発しているのかが。

でも、いくらそれが分かっていたとしても、出会いの場が無ければ、
社外に人脈など出来ません。


■ 出会いの場

社外の人と出会う場というと、講演会やセミナーでの懇親会、最近では
異業種交流会などもあります。

でも、結論から申し上げると、そんな場にいくら出ようが、人脈など出来ません。

※ 社外の人と出会おうという気持ちは、とても大切です。
※ でも、自分が主催者にでもならない限り、交流まで至ケースは稀です。

何がいけないのでしょうか

私は、仕事柄、どちかと言うと、主催者側で出席することが多いのですが、
出席者のほとんどの方々が、

新しい情報を得たい、良い人と知り合いたい、出来れば仕事上の人脈を作りたい

という思いで出席されています。この思いが全面に出ている限り、
たぶん人脈など出来ないと思います。

考えてもみて下さい。初めて会う人から、情報下さい、良い知り合いを教えて下さい、
仕事を一緒に出来ませんか、と言われても、ドン引きしてしまいます。

婚活会場で、年収はいくらですか、お友達に良い人はいませんか、結婚を
前提にお付き合いしてくれませんか、と相手構わず言っている人と同じなんです。

しかし、何かのアクションを起こさなければ、社外の人脈など出来ません。

どうすれば良いのでしょうか。私の場合は、

それがどんな場での出会いでも、3回お会いする機会を持てるようにすること
に気を付けています。

理由は、3回ぐらいお会いしないと、相手の言葉の奥にある思いが見えてこないからです。

ですから、セミナーであれ、交流会であれ、説明会であれ、
どこか気になる人を探すこと、そして再度お会して他愛もない話ができる機会が
持てようにお話しをすることに、腐心しています。

でも、これが難しい。もう一度会ってみたいと相手に思ってもらえない限り、
二度目は無いわけですから。

人と人の出会いは一期一会だと、本当に思います。

■ 処世の教え

どうすれば、相手にもう一度会いたいと思ってもらえるのでしょうか?

私の場合、結構飲み屋仲間という諸先輩の方々が沢山いるのですが、
(仕事は一切関係ありませんし、得にはなりません。でも、人生の師というか
社会人の大先輩という意味で、とても大切な人々なんです)

どうしてそんな人々と知り合いになれたのか、後輩によく聞かれます。

これは、諸先輩に教えてもらった『 処世の教え 』の一つでもあるんですが、、

『 同じ時間を一緒に楽しむ気持ち、どんな話にも耳を傾けるという姿勢
に気を付けていれば、自然と相手と親しくなれる 』


と答えています。

※ お金も時間も、それなりにかけてはいますが・・・

もし、皆さんが、懇親会や交流会に参加される際には、
是非この『 処世の教え 』を実行してみて下さい。

協力会社さんと打合せをする時にも、実践してみて下さい。

必ず、もう一度会ってみたいと思ってくれる人が出て来ると思います。

ただ、この教えが難しいのは、同じ時間を一緒に楽しむという気持ちに
なかなかなれないという所です。

※ 自分が楽しもう、何かを得ようと話をする人が殆どです。
※ 飲み屋のケースでいうと、こちらも同じ金額を払っている客なのに
  なぜ相手を楽しまさなければならないのかと思ってしまうんです。

実は、このポイントは、日々の仕事や生活でも同じなんです。

逆に云うと、日々の暮らしでこのポイントが出来ない人が、
いくら外に出会いを求めても、人脈など出来ない
ということです。

『 相手と同じ時間を一緒に楽しむ気持ち、相手のどんな話にも耳を傾ける姿勢 』

これが出来たら、一番効果が出るのは、奥さんやお子さんとの関係だと思います。

所詮、会社も家庭も人が作っているものですから

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の一言 No13 会社や組織を超えた人脈作り 出る杭は打たれて伸びる!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる